SDGsオブリックの取り組み

2022.04.22

  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGsの取り組みについて[溶接ヒューム対策推進①]

弊社が推進しているSDGsについて、最新の取り組み内容をお知らせします。[2022.4]

弊社では重点取り組みテーマの策定に伴い、取り組みの一つとして以下を行っております。
「9.産業と技術革新の基盤を作ろう」に沿った取組みとして、溶接ヒュームの対策を推進しています。


溶接ヒュームは、アーク溶接の際に発生する煙で、神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあるとされています。
厚生労働省は、労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則(特化則)等を改正し、新たな告示を制定しました。
溶接ヒュームを減少させるため、全体換気装置による換気の実施、またはこれと同等以上の措置を講じる必要があります。
弊社は、働く方の健康を守ることは重要な産業の基盤と考え、溶接関連商品をサポートさせて頂いている企業として、溶接ヒューム対策の周知活動を行っております。
対象の事業者の皆様は、測定機関による測定を行い、結果に応じた対策品を導入する必要があります。

[法令改正についてのご質問や、適切な対策品については]
オブリック株式会社 産業エナジー事業部
TEL:0544-24-2211 Mail:mail@obrick.co.jp

この記事をシェアする

↑

CONTACTお問い合わせ・ご相談

RECRUITリクルート