SDGsオブリックの取り組み

2022.07.01

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 13.気候変動に具体的な対策を

SDGsの取り組みについて[カーボンニュートラルLPG取扱い開始]

弊社では、地域の持続可能な発展に貢献すべく4つの重点取組みテーマ「7.エネルギーと資源を無駄にしない」「9.豊かな街と暮らしに貢献する」「11.地域の経済と産業を支える」「13.災害・復興に強いまちづくり」を2020年に策定しました。

このうち[7.エネルギーと資源を無駄にしない]の具体的な取り組みとして、新たに、カーボンニュートラルLPGの推進を2022年より開始します。カーボンニュートラルLPGは、ガスの調達から消費までのライフサイクル全体で発生するCO2の量を算出し、同等のCO2クレジットを用いて相殺するもので、実質、ガス利用によるCO2排出をゼロにすることができるとされています。
取組みの第一ステップとして、年間100トンのカーボンニュートラルLPGをENEOSグローブ株式会社から調達。これはCO2換算すると334トンにあたります(※ENEOSグローブ株式会社の算出による)
SDGsへの関心が高い企業との契約を締結し、供給に際してはCO2クレジットの根拠などが記載された報告書も発行。持続可能な社会の実現に貢献します。

 

[カーボンニュートラルLPGのお問い合わせ・お申込み]
オブリック株式会社 TEL:0544-24-2211 Mail:mail@obrick.co.jp

この記事をシェアする

↑

CONTACTお問い合わせ・ご相談

RECRUITリクルート