SDGsオブリックの取り組み

2022.02.16

  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

SDGsの取り組みについて[高効率給湯器普及促進①]

弊社が推進しているSDGsについて、最新の取り組み内容をお知らせします。[2022.2]

弊社では重点取り組みテーマの策定に伴い、取り組みの一つとして以下を行っております。
[7.エネルギーと資源を無駄にしない] の取り組みとして、高効率ガス給湯器(エコジョーズ)普及推進を2021年4月より開始しました。

高効率ガス給湯器は従来器と比べ、熱効率が約15%向上します。この為、CO2排出量を約15%削減することが出来ると言うことができます。また、灯油ボイラー等からの交換についてもエネルギー計算を行い、CO2削減量を算出し、概算ではありますが、これを公表します。


2021年4月~2022年1月 エコジョーズ普及によるCO2削減量実績
CO2削減量1030.57kg

※50年生スギの木1本の二酸化炭素吸収量は年間14kg
月間で1.16kgを基準に環境貢献の置き換えを行う(環境庁関東森林管理局HPより)
※1年間エコジョーズを利用した時の従来機との比較の目安


2021年4月~2022年3月(1年間) エコジョーズ普及によるCO2削減量実績
CO2削減量1099.57kg

この記事をシェアする

↑

CONTACTお問い合わせ・ご相談

RECRUITリクルート